私の保湿剤【化粧品】

保湿剤を利用することで、お肌の潤いを保つことが容易になります。女性にとっては常識ともいえることですが、男性はあまり意識していない人も多いですし、女性でも正しい保湿剤の使い方を知らない人も多いようです。

そこで保湿剤について考えてみたいと思います。まず保湿剤を塗るべき時間帯についてです。保湿剤を、お肌が乾燥してきたときに塗っている人はいませんか?

保湿剤というのは、お肌に潤いを与える役割というよりは、お肌の潤いを逃げないように保護するためのものです。

だから「保湿」なんですよね。つまり、むしろお肌の潤いがあるのだけれど、何もしなければ潤いがなくなってしまう、というときに使うのが正しい保湿剤の使い方です。

具体的にどういうときかというと、入浴した直後ということですね。入浴したとき、お肌は全体に付着した汚れや皮脂などが洗い流され、お湯につかることによって水分が補給された状態になります。

しかし、同時に毛穴が開いた無防備な状態になりますし、体温も上昇しているので、お風呂上りにはどんどん皮膚から水分が蒸発していくことになります。

実に、お風呂上りの後は3分も放っておけば、入浴前のお肌の水分量まで減少してしまい、それから先は入浴前よりも乾燥した状態になるという実験結果まで出ているぐらいです。

それを防ぐためには、お風呂から上がったらすぐに保湿クリームなどをお肌に塗ることが重要だということです。少なくともお風呂上りの3分以内には保湿クリームを塗らないと、お風呂に入って補給した水分が全て肌から失われてしまうといっても過言ではありません。

さらに、冬や夏など、温度条件の過酷な時期のほうがお肌にとってのダメージは大きいようです。特に夏は、外気温が高いというよりも、室内がエアコンによって乾燥しているということが大きく、暑いからといってエアコンの効いた部屋にいたり、扇風機の風を直接長時間あたったりすると、肌にとってはかなりの乾燥を招いてしまいます。

肌が乾燥することで様々なトラブルが起こります。その一つが痒みです。夏に限って肌が痒くなる、逆に冬に限って肌が痒くなるという人は、生活習慣によって肌の乾燥を招いている可能性がありますので、もう一度、生活スタイルを見直してみましょう。

また、肌のトラブルというには語弊がありますが、アトピー性皮膚炎からくる痒みにも保湿剤で対処することができることもあるようです。

アトピーによって肌が乾燥してガサガサになってしまうような人は、医者から処方してもらう塗り薬と保湿クリームを併用することにより症状が緩和されることもあるようです。

この場合は、自己判断ではなく、必ずお医者さんのアドバイスを受けるようにしましょう。

おすすめ!

v class="w">オイリー肌におすすめのべたつかない保湿クリーム4選 - 30代主婦の節約 ...enjoy-otoku.com > HOME > 30代からの健康&美容対策 - キャッシュ2018年9月1日 - なので、しっかり肌の水分量を守りつつサラッとみずみずしいテクスチャーの保湿 クリームが欲しいところ。 そこで今回は、私が実際に使ってきた保湿クリームの中で「 コレは良き!」と思えた. 『オイリー肌におすすめのべたつかない保湿クリーム』.
オイリー肌におすすめのべたつかない保湿クリーム4選 - 30代主婦の節約 ...